前へ
次へ

医療崩壊を招かないために必要なこと

新型コロナウイルスの影響もあって、医療現場が混乱をしています。医療崩壊が起きていると言っても過言ではありません。受け入れてくれる医療機関がないので、治療を行うことができないという事態に陥っています。最近では少しずつ落ち着きを取り戻してはいますが、それでもまだ特効薬が完成をしていないということもあるので、感染予防対策をするなど医療機関側でも注意を払わなければいけないという状況になっています。新型コロナウイルス感染に関して、出来るだけ規模の大きな医療機関を受診しない、ということも求められてきています。普段から通院をしているという場合であっても、クリニックレベルで対応をすることができる場合には積極的にクリニック受診に切り替えるなどの配慮が必要です。自分のことばかりを考えるのではなく、医療従事者の負担を軽減させることも考えなければいけません。薬の処方のために通院をする場合には、ドラッグストアで取り扱っている医薬品で代用をするということも考えるべきでしょう。医療機関を受診しなければいけないという状況に陥った際にのみ利用をするということを考えるべきです。定期的な通院もできるだけ避けてくれるのであれば、医療従事者の負担もかなり減らすことができるようになります。仕事の軽減が感染症対策を徹底させるということにも繋がります。医療機関だけの問題ではなく、通院をしている人全てが少し配慮をするだけでも感染症対策ができるようになるかもしれません。また医療機関を受診したことにより、新型コロナウイルスに感染するかもしれないというリスクも負うことになるかもしれません。外部から入ってくるとどうしても感染症対策が疎かになってしまう、ということもあるので、自分の身を守るためにも受診は控えたほうがよいでしょう。また中には外来を一時停止している医療機関もあるので、代わりに受診できるところを探しておくと安心出来るでしょう。

いわき市整体
いきいき整体院は、開院してから6,000人以上の臨床実績があります。

町田 肩こり

今までにない鍼灸院を体験を名古屋で
こもの鍼灸院が鍼灸の真実となる力を実感できる治療をご提供します

柔道整復師 専門学校

小金井ファミリークリニックでは訪問診療を行っています

Page Top