前へ
次へ

知っておきたい医療現場

医療現場というのは、命が生まれることもあれば、命が尽きてしまう状況もあります。医師から危篤を告げられることは、高齢になればなるだけ目を背けることができない現実味を帯びるでしょう。医師からは『息のあるうちに』『意識がなくとも声は聞こえていますから』というように、最期に会わせたい人への連絡を取らせる旨を伝えてくれます。病院で亡くなった場合は、臨終に立ち会った主治医に死亡診断書を書いてもらいます。ただし、事故や変死、自殺の場合には、警察医や監察医による検死が必要ですから、警察に連絡しなければなりません。この場合に限り、死亡診断書ではなく、死体検案書が交付されるそうです。長い闘病生活で、故人が生前、家に帰りたがっていた場合、病院では患者と家族の意見を尊重して退院という対応を図ります。もちろん、バイタルチェックなど、しっかりドクターケアは行われますが、患者さんは最期を理解されているケースが圧倒的に多く、痛む身体に薬剤投与を拒むことさえあります。ありのままを受け入れる、そうした患者さんの意見が尊重されれば、痛み止めの注射なども最低限に留めるそうです。

Page Top