前へ
次へ

眼精疲労を改善するポイントとは

目の疲れが長期化した状態である眼精疲労は、放置しておくとドライアイや肩こり、首の痛みなどを招いてしまいます。これらの症状は大元となる眼精疲労を解消しなければ治りません。特に長時間のパソコン作業をする方は、眼精疲労の原因となる目の乾燥・かすみなどを招くので注意してください。目が疲れてきたと感じたら、10分くらいの小休止を取るのがおすすめです。目を時計回り・反時計回りにグルグルと回転させたり、上下左右に寄せるなどのストレッチをすることで、疲れを解消して血行を促進できるでしょう。慢性的な頭痛に悩まされている方にも目のストレッチは最適で、脳をクリアにしたり集中力を高めたりするメリットが期待できます。眼精疲労でモノを見にくい状態は大きなストレスとなり、仕事・家事の質を低下させます。入眠障害や中途覚醒などの睡眠障害を招くこともあるので、眼精疲労は早めに改善させてください。目が楽になるとストレス解消、仕事の効率アップなどが期待できます。

Page Top